診療案内 | Nクリニック - 大阪府岸和田市 整形外科・スポーツ整形・リハビリテーション

トップ>体外衝撃波治療のご案内

体外衝撃波治療のご案内

体外衝撃波とは:衝撃波を患部に照射する整形外科では新しい治療法です。

対象となる疾患

足底腱膜炎(難治性:6か月以上治療経過)のみ保険適応 それ以外は完全自費

国際衝撃波学会では以下の疾患が対象とされています。足底腱膜炎、アキレス腱炎、アキレス腱付着部炎、膝蓋腱炎、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎、石灰沈着性腱板炎、骨折の偽関節、疲労骨折、早期の離断性骨軟骨炎、早期の骨壊死、舟状骨骨折

また、弱い照射では骨端線にほとんど影響を及ぼさないので骨端症(オスグッド、シーバー、ラルセン病)などにも有効とされています。野球肘の内側型(いわゆるハクリといわれる内側上顆骨端核障害)での難治例にも期待できます。

今まで、LIPUS(アクセラスやオステオトロン)だけではなかなか治らない方には期待できる方法です。腰椎分離症も有効と思われますが、脊椎の付近での使用は危険とされていますので行いません。

また、患部にあえて傷をつけることになる治療なので、その後の修復を早める意味で、骨にはLIPUSの併用、軟部組織にはアキュスコープなどの微弱電流との併用は非常に有効だと思われます。是非併用をお勧めします。

治療の特徴

1回の治療時間は約15分です。圧痛店や超音波検査で患部を特定してから治療を行います。

一定期間(2から3週間)をおいて、2から3回の複数回照射を行います。それ以降も改善が期待できる場合は行います。

麻酔などは不要です。傷跡は残りません。照射にはチクチクとした痛み(逆に痛みがあるところが患部)を伴いますが我慢できる範囲です。治療後には歩行や上肢であれば動かすことが可能です。

注意

体外衝撃波による治療は、完全なる除痛や骨形成(治癒)を保証するものではありません。また患者さまにより、疾患により、患部の程度により治療効果や治癒期間が異なります。平均治癒効果は60~80%と報告されています。

費用

足底腱膜炎(1シリーズ)5,000点(50,000円の保険適応)3割負担で16,500円
それ以外の疾患(税込) 1回目16,500円 2回目以降 一般の方8,250円、学生5,500円
2020年4月1日から、緊急枠での治療の際は、通常料金に加え、プラス2,750円とさせて頂きます。

治療予約

完全自費の方は、診療時間外に行います。枠は、午前診療の終わった後の、12時半以降13時まで 夕方診療前の3時以降4時まで、夕方診療後の7時半以降8時までに設定しています。ただし診療後の枠は多少前後することを了承してください。予約は診療にて行ってください。

院長の印象

8月から当院で収束型の体外衝撃波(デュオリスSP1)を導入して以来、非常に多くの患者様に利用していただいております。3か月以上経過して、治療効果がある疾患と治療効果が見込みにくい疾患とがいろいろ見えてきました。 長期成績ではないので明らかなことは言えませんが、短期の3か月の治療効果を報告させていただきます。

また先日衝撃波のセミナーに参加しましたので、体外衝撃波を多く行っている先生方の参考意見も報告させていただきます。

非常に効果がある疾患

膝及び肘の離断性骨軟骨炎(初期から進行期前期)
1年以上もLIPUSだけでなかなか治らなかった症例が3か月でほぼ完全に治りました。患者さんも私もびっくりするほどです。
残念ながら離断性骨軟骨炎でも進行期後期から終末期(遊離したタイプ)は効果が低いです。はじめのころは効果があるかなと思いましたが、その後は一進一退で衝撃波の限界と結論しました。

疲労骨折
脛骨疲労骨折や第5中足骨疲労骨折や上腕骨疲労骨折は非常に効果的です。しかし、効果的であるがゆえにすぐに復帰したり競技しながらなので、ゆっくり治癒しているという印象になりますが、治療に専念すればもっと早く治りそうです。
また骨の治療に関しては、いずれもLIPUSとの併用は効果的です。衝撃波をしたときは特にアクセラスやオステオトロンを併用してもらいたいです。

いわゆるゴルフ肘やテニス肘(上腕骨外側上顆炎)
他の治療でなかなか治らなかったが数回の治療で一気に症状が快方に向かったという患者様が多かったです。是非お困りの患者様には試していただきたいです。

比較的効果が認められている疾患

新鮮骨折
プロのバスケットボール選手やバレエダンサーに行いましたが、効果が高いですね。プロの選手や将来の方向性が決まる試合や舞台の前にどうしても早く治したい人は、高くつきますがやってみる価値はあります。もちろんLIPUSだけでも早くなりますが、収束型の体外衝撃波を使うともっと早くなります。

石灰沈着性腱板炎
完全に石灰化が完成したものではなく、急性期でなりたての石灰化は衝撃波が効果的です。すぐに痛みがとれて動くようになりました。

骨壊死
他院では治療の方法がないと言われた患者様が一か八かということで、2週に1回のペースで行っているとMRIで血流の改善が認められ、痛みも改善されてきました。期待できる治療法と思われます。

骨挫傷
新鮮な骨折だけではなく骨挫傷に対しても効果的です。ただ、骨挫傷はLIPUSだけでも効果があるので、よっぽど急ぐとき以外は必要ないかもしれません。

骨折偽関節や二分膝蓋骨
ゆっくりと効果が期待できますが、高いエネルギーでの治療が必要ですので、多少の痛みに耐える必要があります。

肘関節や足関節の陳旧性の剥離骨折
少し改善されるとその後すぐに無理をしてしまい、再骨折を起こした患者様はいますが、治療後一定の期間無理をせず固定していれば、効果が十分認められています。

拇指球の種子骨炎
数回の照射で効果が認められました。

効果があまり期待できない疾患

離断性骨軟骨炎の進行期後期から遊離した骨片がある遊離期
肘も足関節も膝も遊離骨片が認められるときは衝撃波の限界である可能性が高いです。ただし、小学生など手術するには早い時期には治癒能力が高いため、少しでも改善させるための方法として、少しは期待できます。

難治性足底筋膜炎
4例行いましたが2例はほとんど効果がありませんでした。もともと難治性なので治療効果が得られにくいでしょうが、保険適応でもあるのでもっと効果的であることを期待したのですが、今後数か月後に治療効果が出てくることもあるようですので、経過を追っていきたいと思っています。2例は症状の改善が認められました。

今後効果が期待できると思われる疾患(セミナーで他のドクターの治療経験をもとに)

半月板損傷(ロッキングしていない、半月板損傷)
PRP療法との併用が期待できそうです。

腰椎分離症
腰椎分離症も腰椎の疲労骨折なので効果が期待できる疾患です。当院ではまだ行っていませんが、離断性骨軟骨炎と一緒で、終末期のいわゆる偽関節化したタイプには困難と思われますが、初期や進行期前期の腰椎分離症には期待ができると思っています。他の医療施設でも安全性が確認できて、実行しているところがあるようです。技術的に確証できれば当院でも行っていく予定です。

腱板損傷
これは私自身ゴルフで傷めた腱板損傷部分に衝撃波を当てましたが、腱板損傷が軽度であったためか、非常に早く症状の改善が認められました。他の人にも試してもらいたいです。

骨端症(オスグッド、シーバー病、膝蓋骨骨端症)
子供の成長障害は低いレベル(0.30J以下)であれば全く問題ないことが証明されています。骨端線近くでも有効な治療効果が得られています。

前十字靭帯再建時の膝蓋腱採取部の痛み
膝蓋腱炎にも効果的ですが、腱採取部の痛みにも効果的であるようです。痛みの留に膝の伸展筋の強化が思うようにできない方には効果的です。

ばね指
すべてではないですが一部の症例には効果的であるようです。手術は絶対避けたい人にはやってみる価値があるかもしれません。

外脛骨の不安定な骨に対して
他院では有効であると報告されています。

以上 平成30年11月時点での経過を報告させていただきました。はっきり言って疾患や重症度を選べば非常に効果的な治療方法と思われます。(高い機器だけのことはあるという印象)導入されていないドクターは疑問的である方が多いですが、導入されているドクターはみなそう感じています。

院長の印象(第2弾:平成31年4月)

当院で行っている収束型の体外衝撃波の適応についてですが、ますますその効果を期待できる疾患が増えてきました。体外衝撃波の研究会で、ばね指に対しての治療効果、腰椎分離症に対しての骨癒合効果を発表されていました。当院でも数例ばね指に対して行いましたが、全てではないですが改善される症例はありました。腰椎分離症に対して2例行いましたが、進行期後期から終末期に近い程度の高い分離症であったので、CT画像上での少しの骨癒合は認められましたが、劇的な効果を認めていません。今後症例を選ぶ必要があると思いました。石灰沈着性腱板炎や手の石灰沈着症に対して行いましたが、発表されていた先生の印象通り、完全に固体化してしまった石灰化は改善しにくいですが、まだ半分液体でエコーで押してみると柔らかい石灰は吸収消失が期待できます。石を砕くようになくなっていくのではなく、吸収を促す治癒機転が働き徐々に吸収されていくものと思われます。それ以外でも肩の関節鏡視下関節唇術後の疼痛や半月板損傷術後の疼痛に対しても、いわゆるクリーニング手術の後の残存する痛みに対しては効果が期待できます。術後の癒着など関節内や関節に近い奥の部分に衝撃波が届くので表面しか効果がない物理療法で改善しないようなものに対しては効果的ですね。手術後の残存する疼痛でお困りの患者様がいればやってみる価値はあります。特にシーズン途中でなかなか時間が取れなくて、速効性のある治療効果を期待できる方法です。いずれにしても物理療法や鍼灸治療などでいくらやっても効果が認められない選手や患者さんは一度相談してください。もちろんすべての症例に効くとは限りません。

当院にある体外衝撃波は収束型の体外衝撃波です。拡張型の体外衝撃波とは治療効果など全く違いますので是非お間違えの無いように注意してください。

院長の印象(第3弾:令和1年10月)

1年間の使用経験を踏まえて

9月中旬に大阪で衝撃波セミナーがあり、教育研修講演の演者として発表しましたので、その報告をさせていただきます。こういった機会を与えていただきました座長の熊井司先生や日本メディカルネクストの方々には感謝申し上げます。

今回のタイトルはスポーツ傷害に対するShock Waveによる画像変化というもので、昨年8月に当院で収束型の衝撃波を導入して以来の治療の結果をまとめて発表することにしました。特に、疼痛の改善ではなく、画像上の変化があった症例を選んで発表させていただきました。

発表した内容を報告させていただきます。治療を検討されている患者様や、衝撃波の導入を検討している先生方の参考になればと思っています。

当院での現在の適応疾患(国際衝撃波学会適応に準じて)は下記のとおりです。

  • 慢性疾患:変形性膝関節症の関節外の痛み 骨壊死
  • 離断性骨軟骨炎(初期から進行期:非分離型)
  • 疲労骨折や骨折偽関節 骨端症
  • 肘内側側副靭帯損傷 腱板部分損傷
  • 関節炎やヘバーデン結節、ばね指、あらゆる石灰化
  • 急性疾患:肉離れ 筋腱損傷
  • 靭帯損傷(急性及び陳旧性)
  • 新鮮骨折で早期復帰を希望するとき
  • その他 術創部や術後癒着部位の修繕効果?
  • 拡張型SW的な利用:画像に見えない損傷部分の疼痛改善や癒着剥離効果(特に低出力で利用)

当院で行ってきた症例(骨性組織)(H31.8-R1.8)

  • 肘(上腕骨小頭)OCD(15例 15肘 12-17歳 avg.13.8)
  • 膝(大腿骨内顆外顆)OCD(16例 17膝 7-16歳 avg.10.7)
  • 足関節(距骨滑車)OCD(4例 5足 11-22歳 avg.16.2)
  • 疲労骨折(脛骨、腓骨、踵骨、距骨立方骨、有鉤骨、舟状骨、肘頭、坐骨、尺骨、第5中足骨 足関節内顆) (25例 12-43歳 avg.17.5歳)
  • 骨壊死(9例 41-79歳 avg.68.5歳)
  • 新鮮骨折(橈骨遠位端、指節骨)
  • 骨挫傷
  • 陳旧性剥離骨折(腓骨遠位端 尺骨遠位端)
  • 骨折偽関節・変形治癒骨折
  • 骨折術後
  • 二分膝蓋骨・二分種子骨
  • 二分膝蓋骨・二分種子骨
  • 骨端症(シーバー病 オスグッド病)骨端線離開 骨端線損傷
  • 骨盤裂離骨折(上下前腸骨棘)
  • 石灰化(腱板、手など)

当院で行ってきた症例(疼痛緩和、軟部組織)

  • 足底筋膜炎
  • 肘関節症(上腕骨外側上顆炎 内側上顆炎、後方インピンジメント)
  • 足関節症、リスフラン関節症、距骨下関節症
  • 股関節症、膝関節症(半月板損傷、鷲足炎)
  • CM関節症 へバーデン結節、ばね指 腱鞘炎 TFCC損傷
  • 打撲傷 打撲血腫、肉離れ、筋腱損傷
  • 膝蓋靭帯炎、アキレス腱炎
  • リスフラン靭帯損傷 足関節外側靭帯損傷
  • 腱板損傷 肘内側側副靭帯損傷 肩鎖関節内症
  • 肩関節唇損傷 股関節唇損傷
  • 他、筋膜間リリースや腱付着部の徒手で取りにくい癒着に対しても

これらの疾患はすべて当院での体外衝撃波の適応になっています。

治療の組み合わせ

  • SW(shock wave)の前後に
  • 骨性疾患にはLIPUS(Low intensity Pulsed Ultrasound低出力超音波パルス:超音波骨折治療器:セーフス、オステオトロン、アクセラス):新鮮骨折に対しての治療期間の短縮だけでなく遷延治癒骨折や偽関節に対しての骨癒合促進効果や離断性骨軟骨炎の修復促進効果
  • 軟部組織疾患にはマイクロカレント(微弱電流:MC):アキュスコープやエレサス(サンメディカル社):マイクロカレント(MC)には傷ついた組織の修復をしたり、細胞の活性化させる役割:ミクロの傷を作るSWとは好相性(特に軟部組織修復や骨膜から血流の供給を受けている部分)
  • NBAやMLBではSWとアキュスコープの組み合わせがGood!

PRP療法を組み合わせる時

PRP療法とは、Platelet Rich Plasma(自己多血小板血漿)療法のことで、当院では変形性膝関節症に対してAPS(第2種)、軟部組織損傷や膝以外の関節に対してはGPS(第3種)を行っているが、

変形性膝関節症:SW→APS→MC 定期的にSWやMC

肘靭帯損傷や腱板損傷などの軟部組織損傷:SW→GPS→MC
その後、定期的にSWやMC

当院がOCD(離断性骨軟骨炎)に対して行った症例

  • 肘(上腕骨小頭)OCD(15例 15肘 12-17歳 avg.13.8)
  • 膝(大腿骨内顆外顆)OCD(16例 17膝 7-16歳 avg.10.7)
  • 足関節(距骨滑車)OCD(4例 5足 11-22歳 avg.16.2)
    (いずれの部位も遊離期(不安定性の強い症例)は手術適応としてSWは行わなかった)多少の不安定があっても骨端線閉鎖前で、CT上画像変化が認められる症例はSWを続けた。逆にスポーツ禁止していてもCT画像上の変化がない不安定性のある症例は、手術を勧めた
  • 肘OCD病期分類において透亮期及び分離期前期までが保存的療法の適応
  • 骨端線閉鎖以前が保存的療法の良い適応
  • 骨軟骨片の安定性の有無で適応を考慮
  • 遊離期は適応外とし当初から手術を薦めた

肘OCD(15例)の結果

  • 透亮期2例 分離期13例 遊離期 0例
  • SW平均7.0回(3-13回)
  • 期間 4.3か月(1-11か月)
  • 治療評価基準(Hughston)を用いた
  • Excellent3例 Good7例 Fair5例
  • 分離期後期でも修復が得られた。また成長期が過ぎても修復が得られた

OCDのSWの結果

  • 肘Excellent3例 Good7例 Fair5例(修復困難33%)
  • 膝Excellent3例 Good8膝 Fair6例(修復困難35%)
  • 足Excellent1例 Good1例 Fair2例(修復困難50%)
  • 修復困難と判断したFairの症例でも、OCDの大きさは縮小しており、手術の適応になった症例でも骨軟骨移植の大きさを少なくすることができたと実感している

OCDに対するSWの効果(院長の印象)

  • 肘OCDは症例を選べば比較的成績が良い
  • 膝OCDは荷重関節なので肘に比べて成績が悪い
  • 足関節OCDは成績が悪い
  • 骨端線閉鎖前は保存的療法が原則であるが、たとえ不安定性の強い症例でも、保存的療法の期間にスポーツ活動を禁止してSWをすれば、安定化してくることがある
  • 骨端線閉鎖後の多少の不安定性のある症例もSWにより修復が得られた症例があった
  • SWは保存的療法というより手術のドリリングの結果に近い印象を受けた
  • 手術を検討する前にやってみる十分な価値がある

画像変化の症例報告をしました。

肘(上腕骨小頭)、足関節(距骨滑車)、膝(内顆・外顆)骨壊死 疲労骨折(有鉤骨、脛骨、尺骨、第5中足骨)を合計19症例まとめて出しました。
レントゲン変化、CT変化、MRI変化など1症例に対して、SW前後や2か月ごとのCT変化、3か月ごとのMRI変化など最低4枚の画像、合計で数百枚の画像から選んだ2百枚程度の画像をお見せすることができました。かなり多くの画像量になるのでホームページ上ではアップできませんが、機会があればお見せしたいと思います。

発表前の2週間は診療の合間や、家に持ち込んでかなり多くの時間を費やして発表原稿と発表スライドを作成しました。放射線技師の尾上君や、衝撃波のデータ処理をお手伝いしてくれた、診療助手の小柳さんには感謝します。今は無事終了してほっとしています。
多くのスポーツ選手の為にこれからも精進していきます。

当院にある体外衝撃波は収束型の体外衝撃波です。拡張型の体外衝撃波とは治療効果など全く違いますので是非お間違えの無いように注意してください。

詳しくは院長に相談してください。

Nクリニック院長 中里伸也

スポーツ傷害に対するshock wave(SW)による画像変化(画像集)

前回は発表の内容についてお知らせしましたが、今回は実際の画像をお見せして、体外衝撃波の効果をご覧になってもらおうと思います。離断性骨軟骨炎(肘、足関節、膝)

症例①上腕骨小頭離断性骨軟骨炎

  • 初診時XP分離期

    初診時XP 分離期

  • 初診時CT 2か月後 4か月後 6か月後

    (左から)初診時CT 2か月後 4か月後 6か月後

  • (左から)初診時CT 2か月後 4か月後 6か月後

症例②足関節離断性骨軟骨炎

  • SW前

    SW前

  • SW2か月後

    SW2か月後

  • SW前(左) SW2か月後(右)

    SW前(左) SW2か月後(右)

症例③左膝OCD

  • 初診時CT

    初診時CT

  • SW6か月後CT

    SW6か月後CT

症例④膝骨壊死

  • 症例④膝骨壊死

  • SW前初診時 MRI

    SW前初診時 MRI

  • SW3か月後 MRI

    SW3か月後 MRI

症例⑤左脛骨疲労骨折

  • SW前 初診時XP

    SW前 初診時XP

  • SW1か月後 XP

    SW1か月後 XP

症例⑥尺骨疲労骨折

  • (左から)初診時 SW1回後 1回後 3回後

    (左から)初診時 SW1回後 2回後 3回後

症例⑦右有鉤骨疲労骨折

  • SW前CT(左) SW後6週後(右)

    SW前CT(左) SW後6週後(右)

症例⑧野球肘内側障害

  • SW前 初診時

    SW前 初診時

  • SW5回後

    SW5回後

変形性膝関節症(膝OA)に対するMRI精査及び体外衝撃波(ESWT)の治療の有効性

(文献的考察)令和2年9月16日 院長 中里伸也

当院では、2年前に収束型の体外衝撃波(ESWT)を導入して以来「あらゆる疾患の痛みの改善」「骨癒合の促進」「組織修復の促進」への治療の一つとして、体外衝撃波を行ってきました。当初は、国際衝撃波学会で認められている疾患を中心にESWTを行ってきましたが、最近ではそれ以外の類似疾患に対しても行っています。変形性膝関節症に対するESWTもその一つです。ただやみくもに、それらの類似疾患に行ってきたわけではなく、根拠があったので進めてきたのです。

当院では、開院以来ずっと「変形性膝関節症の症例」に対して「明らかな手術適応で手術に至った症例」を除いて、ヒアルロン酸の関節内注射やリハビリテーションで対応してきましたが「レントゲン所見では手術をするほどではないのに疼痛がなかなか改善しない症例」を多く経験してきました。また「他院で同様の治療をしても症状が改善しなかった症例」或いは、手術をするほどではないのに疼痛が改善しない、という理由によって「他院で人工関節や骨切りなどの手術を告げられた症例」も多くあります。中には「ヒアルロン酸の注射で症状が落ち着いていたのに、あるとき急に痛みが出てきたという症例」もあります。

一方「レントゲン所見でかなりの変形(末期の変形性膝関節症)があるので、手術の絶対適応であるが、いろんな理由(高齢のため、内科的な合併症のため、家族の介護やペットの世話などで入院して家を離れられないため、近しい人の手術がうまくいかなかったため、など)で、どうしても手術を受けることができない症例」が多数いらっしゃることも事実です。それらの症例に対しては、最近ではMRI精査をするようにしています。

第一の目的は「病態の把握」ですが、第二の目的は「ESWTをすることになったら、その照射部位を特定する」ためです。最近特に「変形性膝関節症に対するMRI精査が疾患の病態把握に非常に有用である」といわれています。

膝のOAのMRIの評価は、whole-organ MRI score(WORMS)法が有効であり、
① 軟骨病変
② 骨髄異常陰影(bone marrow lesion :BML)
③ 軟骨下骨陥凹(subchondral bone attrition: SBA)
④ 骨髄腫
⑤ 骨棘
⑥ 半月板病変
⑦ 靱帯
⑧ 滑膜炎
これらを「8つの病変」としてとらえ、各病変の重症度を3~6段階で評価することで、膝OAの病態の半定量化を可能にしたものです。その中でも②のBML(骨髄病変)は、膝OAの初期から観察され、疼痛や病態進行との関連が示唆されている病変であるといわれており、私が着目した病変です。すでに、国際衝撃波学会で認められている疾患の中に「早期の骨壊死」というものがあります。骨壊死の症例をMRI精査してみると、骨壊死の周辺に多くの骨髄浮腫様の所見があることには気づいていましたが、当初はその正体が何であるかはわかりませんでした。ある時、「変形性膝関節症の痛みがなかなか治らない方」「腫脹がなかなか治まらない症例」のMRI画像の中には、この骨髄浮腫様の所見が高率であることに気づきました。のちにこれがBMLであることを知ったのは、赤木教授の論文を読んでからのことです。膝OAのMRI上のそれらのBMLの所見が「骨壊死を有した症例」の骨壊死周囲の骨髄浮腫様の所見に非常に似ていたので「早期の骨壊死にESWTが有効なら、ひょっとするとこの膝OAのBMLにもESWTが効果的であるのではないか?」と思い何人かの患者様にチャレンジングを行いました。そうすると、すべての人にではないですが、かなりの高率で患者様の膝の痛みの軽快と共に、ESWT開始3か月後には、MRI画像上のBMLが施術前に比べて明らかに縮小することを多く経験することができました。それが当院で膝のOAの患者様に衝撃波を始めたきっかけです。

それから実に多くの「膝のOAで痛みが続き、しかもMRI所見でBMLを有する」患者様にESWTを行ってきました。非常に効果があることを実感されていた患者様がほとんどです。ただ、そのように多くの患者様には非常に喜ばれている一方、効果が実感できない方もいれば「自費診療であるから」と言って、受けたくても受けられない患者様がいることも確かです。また、「どういった患者様には効果的で、どういった患者様には効果がないのか?その治療のタイミングはどうすればよいのか?その病態や作用機序はどうなっているのか?」など、まだまだ分からないことが多いのは確かです。そこで、最近BMLの存在を教えていただいた変形性膝関節症の大家である、近畿大学整形外科学教授の赤木將男先生にお会いする機会をいただき「BMLに対するESWTの効果」について相談させていただくと「まだそれらの効果についてはわからないことが多く、現状日本ではあまり知られていないが、可能性は十分あり得る」とのことでした。そして、今後は赤木先生と同大学講師である橋本和彦先生と共に、これらの体外衝撃波の膝関節症に対しての効果を実証するために、共同研究を進めていくことになりました。「体外衝撃波はBMLに対して果たして有効なのか?どういった機序でどういった症例に有効なのか?そのタイミングはどうであるのか?」をテーマに研究を進めてまいります。

ある時、橋本先生から海外の文献を一件紹介されました。「BMLは膝の痛みと関係しており、ESWTにより早くBMLの縮小と痛みの改善が認められた」という文献でした。それは2015年に発表されたものです。Fuqiang Gaoらによると「ESWTは膝の痛みの改善や痛みと関与するMRIでのBMLの縮小を非常に早く改善させ、機能的にも改善させる」と結論しています。そして「効果的で信頼ができ非侵襲的な技術で膝のOAを急速に改善させる治療法だ」とも言っています。つまり「ESWTは膝のOAの痛みの原因の一つであるBMLを速く改善させる機器である」ということを、海外の論文の中で見つけることができ、その時「この治療はきっと将来広まっていくべきで、多くの膝の痛みで困る患者様を救う治療になりえる」という予想が確信に変わりました。

ところが、前述したようにまだ日本ではそれらの研究や発表は皆無です。今後いろんな施設で注目される研究だと思われます。そして、本当に良い治療であれば必ずや多くの治療家に広まり、いずれ保険診療として認められるとも思っています。

先日、赤木教授や橋本講師との話の中で、変形性膝関節症の病態に骨粗鬆症が関与していることも教えていただきました。特に「骨粗鬆症がある人が無理に動きすぎて微細な骨折がおこりBMLが発生するのでは?」とのお話も受けました。実際、膝の痛みであるにも関わらず、骨粗鬆症の治療薬が奏功してくることを実証している文献も多数あります。また、福岡大学の山本卓明教授によれば「大腿骨内果無腐性骨壊死は本当の骨壊死ではない」と言っており「骨の中で微細な骨折が起こっており、骨壊死というよりも『圧排骨折』だ」とも話しています。それらの論文をみると、今後は変形性膝関節症の病態のとらえ方や治療方針が大きく変わってくる可能性を感じました。

私は、より多くの「変形性膝関節症の痛みでお困りの患者様」の生活の質が改善されることを切に願っております。他院でなかなか治らない膝の痛みでお困りの方がいらっしゃれば、ぜひ当院に来て、まずはMRI精査を受けていただきたく思います。また希望する方には骨量測定もさせていただきます。そしてESWTを一度受けてみてください。お待ちしています。

ページトップに戻る