リハビリの特徴 | Nクリニック - 大阪府岸和田市 整形外科・スポーツ整形・リハビリテーション

トップ>リハビリ>リハビリの特徴

当院のリハビリテーションの特徴・内容

理学療法評価

  • 可動域評価

医師による診察や検査、問診などからの様々な情報を整理し、可動域検査や筋力検査をすることで患者様の身体状態を把握します。当院では症状(結果因子)はもちろんのこと、障害に至った原因(原因因子)を分析し、両方を改善する手段を導き出すよう心がけています。これらの過程で得られた情報やリハビリプログラムは、ご自宅でも確認できるよう「リハビリテーション総合実施計画書」に記載しお渡しします。

また患者様ご自身にも、ご自身の状態を知っていただけるよう画像や動画を撮影し、説明させていただくことがあります。特にスポーツ選手に関しては肉眼での観察だけでは分析が困難であるため、スローモーション動画で分析することもあります。

さらに体表から見えない靭帯や筋肉の損傷具合や動きは超音波検査装置(エコー)を用いて評価をおこない、的確な治療につなげます。

関節可動域・柔軟性の改善

  • 可動域exercise

動きに制限のある関節を様々な方法で動くようにしていきます。関節の動きを制限する原因は多々あり、それに応じた治療が必要です。例えば、筋肉の緊張が原因であればマッサージやストレッチングを、関節運動自体に問題がある場合は関節を正常な動きに誘導するような治療(関節モビライゼーション)をします。

またこれらの改善が自宅でもできるよう、セルフケアも指導します。最近では便利なセルフケアグッズがありますのでそれらを用いた方法も指導します。

筋力回復・増強エクササイズ

  • 筋トレ

何らかの原因で筋肉に力が入らなかったり、筋力が低下してしまっている場合は、これらを改善するための治療をします。力の入りにくい筋肉に対しては電気刺激装置(EMS)を併用することもあります。また筋力が低下した部分の強化については、患者様の病態や体力レベルにあった方法を担当の理学療法士が指導します。またそれらが自宅でも継続できるように指導します。

特にスポーツ選手については、障害の原因となった部分に対しても筋力強化をおこないます。例えば膝の靭帯損傷後のリハビリテーションにおいても、体幹筋力の弱さが膝の靭帯損傷の一要因であると判断された場合は体幹の筋力強化もおこないます。

よりパフォーマンスアップを目指した筋力強化やリハビリ期間に、他の使っていない部分の筋力低下を防ぎたいというような場合は保険医療下でのリハビリテーションとしては実施できないため、ご希望の方にはクリニック併設のトレーニング施設である PEP Osaka をご紹介します。

神経筋・協調性回復・向上エクササイズ

  • 協調性

関節の動きや筋力が十分改善しても、素早く動かすことや滑らかに動かすことができなかったり、またスイングスポーツでの「手打ち」や「手投げ」に代表されるように、体全体を連動させて使うことができない場合があります。そのような問題を改善させることができるエクササイズを担当の理学療法士が指導します。

持久力回復・向上エクササイズ

スポーツ障害においては特に、筋持久力の低下が障害の原因になることがあります。また治療のために練習を中止している場合では全身持久力(スタミナ)の低下も起こります。この全身持久力低下もまた、競技動作が不安定になることで障害につながることがあります。以上のような問題が考えられるときはパワーマックス等の特殊な器具を用いたり、また担当の理学療法士が必要なトレーニングをアドバイスしたりします。

動作エクササイズ

一度患部が治癒しても、悪い動作(関節の使い方)が治っていなければ、また同じ部分に負担が集中し、障害が再発してしまいます。そのため、患部に負担を集中させないような動きを身につけるための動作エクササイズを指導します。

当院では野球、ソフトボールなどの投球動作、各種競技のランニング動作やジャンプ動作、またバスケットボールやサッカーなど球技のステップやカッティング動作を指導する機会が多いです。

物理療法

  • 物療

身体に温熱や寒冷、電気、光線などの物理的な刺激を与えることにより症状の改善をはかる治療法です。「電気で肩を温める」や「膝に電気をあてる」などのイメージです。

当院では様々な物理療法機器を揃えております。疼痛抑制に特化した「高電圧治療器」や骨折や成長期の骨端核障害に有効な「低出力超音波(LIPUS)」、組織治癒を促す「微弱電流機器(エレサスマイオパルス、アキュスコープ)」などがあります。

詳細はこちら

装具療法

  • リハ助手

治療上、患部の固定や保護が必要と医師が判断した場合、装具の専門家である義肢装具士が患者様に合わせた装具を作製します。これらの対応は医療保険が適用となります。義肢装具士の対応は予約制で毎週金曜日の17:00からとなっています。

スポーツ選手の場合は、患部の保護と同時に早期の復帰や、再発予防の役割を果たすような装具を勧めることがあります。足関節捻挫や膝の靭帯損傷、腰痛などに対応できるサポーターを取り揃えております。これらのサポーターには医療保険は適用されません。詳しくはリハビリスタッフにお尋ねください。

テーピング

  • テーピング

患部の保護(治療目的)や傷害の予防目的など、患者様の状態に応じたテーピングを実施します。また一人で巻けるように指導させていただきます。テーピングは保険適応となるものとならないものがあります。保険適応とならないものに関しては患者様の希望があれば自費サービスとしておこないます。医師もしくは担当のリハビリスタッフにご相談ください。

また当院併設の PEP OsakaPEP治療院 ではテーピングの販売をおこなっており、リハビリ室で指導を受けた時に使ったテーピングと同じ物が購入できます。

詳細はこちら

足底板療法

  • マイソール®

足底板とは靴の中敷のことで、その高さや傾きをかえることで、足や膝、股関節や腰部への負担のかかりかたが変わります。これを意図的に操作し症状の緩和や障害の再発予防につなげるのが足底板療法です。また疲労軽減や快適性を高めることも可能です。当院では義肢装具士が作成するものや、マイソール®、インソールを扱う資格を持った理学療法士が作成するものや、既製品など、価格も用途も様々なものを用意しています。

足底板療法で大事なことは、どの足底板が優れているかという思考で選ぶのではなく、目的を達成するためにはどの足底板が合うのか、またその形状は患者様に合っているのかということです。この点については医師、担当の理学療法士が患者様の足や動作を見て判断します。

リハビリ診察

  • リハビリ診察

リハビリ通院中も毎回、医師の診察を受けていただきます。特に検査等がないときはリハビリ室で受けていただき、リハビリの進み具合などを担当の理学療法士が直接医師に伝えます。

このようなリハビリ診察をすることで患者様、医師、理学療法士が一体となって治療に向き合えるため治療効果も向上すると考えています。

他施設・チームとの連携

  • 他施設・チームとの連携

当院との関連チームの患者様や関連施設に通っている患者様については、治療内容やリハビリの状況を書面や口頭でお伝えするようなサービスをおこなっています。

ページトップに戻る