診療案内 | Nクリニック - 大阪府岸和田市 整形外科・スポーツ整形・リハビリテーション

トップ>体外衝撃波治療のご案内

体外衝撃波治療のご案内

体外衝撃波とは:衝撃波を患部に照射する整形外科では新しい治療法です。

対象となる疾患

足底腱膜炎(難治性:6か月以上治療経過)のみ保険適応 それ以外は完全自費

国際衝撃波学会では以下の疾患が対象とされています。足底腱膜炎、アキレス腱炎、アキレス腱付着部炎、膝蓋腱炎、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎、石灰沈着性腱板炎、骨折の偽関節、疲労骨折、早期の離断性骨軟骨炎、早期の骨壊死、舟状骨骨折

また、弱い照射では骨端線にほとんど影響を及ぼさないので骨端症(オスグッド、シーバー、ラルセン病)などにも有効とされています。野球肘の内側型(いわゆるハクリといわれる内側上顆骨端核障害)での難治例にも期待できます。

今まで、LIPUS(アクセラスやオステオトロン)だけではなかなか治らない方には期待できる方法です。腰椎分離症も有効と思われますが、脊椎の付近での使用は危険とされていますので行いません。

また、患部にあえて傷をつけることになる治療なので、その後の修復を早める意味で、骨にはLIPUSの併用、軟部組織にはアキュスコープなどの微弱電流との併用は非常に有効だと思われます。是非併用をお勧めします。

治療の特徴

1回の治療時間は約15分です。圧痛店や超音波検査で患部を特定してから治療を行います。

一定期間(2から3週間)をおいて、2から3回の複数回照射を行います。それ以降も改善が期待できる場合は行います。

麻酔などは不要です。傷跡は残りません。照射にはチクチクとした痛み(逆に痛みがあるところが患部)を伴いますが我慢できる範囲です。治療後には歩行や上肢であれば動かすことが可能です。

注意

体外衝撃波による治療は、完全なる除痛や骨形成(治癒)を保証するものではありません。また患者さまにより、疾患により、患部の程度により治療効果や治癒期間が異なります。平均治癒効果は60~80%と報告されています。

費用

足底腱膜炎(1シリーズ)5,000点(50,000円の保険適応)3割負担で15,000円
それ以外の疾患 1回目15,000円 2回目以降 各5,000円

治療予約

完全自費の方は、診療時間外に行います。枠は、午前診療の終わった後の、12時半以降13時まで 夕方診療前の3時以降4時まで、夕方診療後の7時半以降8時までに設定しています。ただし診療後の枠は多少前後することを了承してください。予約は診療にて行ってください。

詳しくは Nクリニック 中里医師やスタッフにお聞きください。

ページトップに戻る